April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

151

151棚をあげよう


棚をあげよう
選ばれし君に

棚をあげよう、選ばれし君に。分厚くて奥行きのある立派な棚を。その奥の奥の、薄暗くて湿った隅っこに、そっと置いておくといいさ、ホントの自分を、イマの自分を。裏に隠した傲岸不遜の自分がチラチラと表に出てくる時は、棚の奥に戻ってこいという警鐘だよ。見つめ直す自分も今は思い出せないほど遠い昔かもしれないけれど、ずいぶんと汚れてしまった矜持を枕にオヤスミナサイ。いつかはきっとやってくる、棚卸しの日がくるまで。(170609)

スポンサーサイト

pagetop